手作りごはんの豆知識

犬の手作りご飯が人間の食事よりも簡単だと思う5つの理由【まとめ】

仕事、家事、育児…人によってその生活状況はさまざまですが、1つたしかに言えることは「皆忙しい」ということではないでしょうか。

よほどのお金持ちでもなければ「毎日暇で暇で時間を持て余している」という人は少ないはずです。

そんな中、「犬の手作りご飯に挑戦してみたいけど、時間が無い…」と悩まれている飼い主さんも多いでしょう。しかし、犬のご飯って実は私達人間の食事よりもずっと簡単に出来てしまうかもしれません。

そう思える「5つ」の理由をまとめてみました。

犬の手作りご飯が人間の食事よりも簡単だと思う5つの理由

1、味付けは不要

まず犬のご飯では「味付けをする必要がない」という点が、人間の食事と大きく違うところです。

煮る、焼く、ゆでる…などの基本の調理は単純なので、おそらく誰でも失敗することはあまり無いかと思いますが、問題は味付けではないでしょうか。

料理の美味しさは味付け次第。薄すぎても濃すぎても、また料理とマッチしたものでないといけませんよね。レシピ通りにやっても何だか美味しくない…と頭を悩ませた経験のある方も多いでしょう。

そうしてあれこれしている内に結構時間も過ぎてしまって、満足できない出来上がりに心はモヤモヤ…何だか疲れてしまいますよね。

その点「犬のご飯」では余計な味付けは一切不要。

犬は人と違い味覚がそれほど鋭くないこと、塩分などをそれほど必要としないことから、「しなくていい」というよりも「する必要がない」と言ったほうが正しいかもしれません。

いずれにしても、頭を悩ませてしまう「味付け」が不要なのはお手軽ですよね。

2、見た目を気にする必要なし

料理において「見た目」ってかなり重要ですよね!

味は同じでも見た目がいいものと悪いものとでは「食べたい!」と思うワクワクとした気持ちや食欲にかなりの差が出てきます。人間の場合は「食の楽しみ」に通じる部分でもあるかと。

でも、見た目にこだわりすぎても疲れてしまいます。忙しくて時間の無い方はそこまで気にしてられない、という方も多いでしょう。

ではワンちゃんのご飯では…?

犬がご飯の見た目を気にするとは思えません(笑)気にするとしたら飼い主さんのほうですね。

この場合も、もちろん見た目良く仕上げられるほうが作る側としても楽しいですが、忙しい場合は…先述の通りです。

幸いなことに、愛犬はあなたの作るご飯の見た目をシビアに評価していないので、作った後はポンっと器に乗せてあげるだけでOK。

3、作りおきができる

大切な愛犬のご飯。毎日その都度作ってあげられればそれに越したことはありませんが、それはなかなか難しいという方も多いと思います。

そこで多くの飼い主さんがやっているのは作りおき。

何日か分をまとめて作っておいて、1日分(あるいは1食分)に小分けして冷蔵、冷凍保存しておきます。

与えるときはレンジでチン(もしくは鍋で温める)でOKなので、ドッグフードと変わらない感覚で美味しいご飯をすぐに与えることが出来ます。

栄養バランスがある程度整っていれば、何日か同じ内容のご飯が続いても大丈夫。(ベースとなるご飯に毎日違うものをトッピング出来れば尚良しです)

個体差はあるかもしれませんが、大抵は“昨日と同じもの”でも喜んで食べてくれるワンちゃんが多いです。

人間でも「作りおき」は時短の定番ですが…やっぱりメイン料理が毎日同じだと家族中からブーイングが起きてしまうでしょう(笑)

4、基本はおじや(雑炊)でOK

「見た目なんて気にしていられない!」というネガティブな理由からではなく、犬の手作りご飯は全部まとめて煮込んでしまう「おじや(雑炊)」が理想的なのです。

犬は人間のように繊維質を上手く消化できないので、繊維質の多い野菜や穀類はかなり柔らかい状態にしてあげる必要があります。

そこで最も適しているのは「煮る」調理。水分も加わることでより食べやすく消化によく胃に優しいです。自然と水分補給も出来ます。

「焼く」「炒める」といった料理もいいですが、基本は複雑な工程は一切なしの“ただ煮るだけ”の「おじや(雑炊)」にすると、手作りご飯も無理なく続けることが出来ると思います。

5、栄養バランスは一週間単位で考えれば◎

毎日色々な栄養素をバランスよく摂ることが、食事による健康を考えたときには大切だと言いますよね。人間はもちろん、それはワンちゃんにとっても同じことが言えると思います。

とはいえそう固く考えなくても、ある程度ラフな手作り食でも健康を維持しているワンちゃんは多いようです。

「うちの愛犬に1日に必要な栄養は…えっと、たんぱく質は○gで、カルシウムは○mgで、亜鉛は…ごにょごにょ」

…と毎日、毎食のご飯で考えるのは不可能に近いのではないでしょうか。ですので、1日単位ではなくて1週間単位で色々な栄養をバランスよく摂れるように心掛けてみましょう。

仮に1週間同じような内容でも、その次の1週間は違う食材(栄養素)を与えるように意識する…でもOKかと思います。

この点に限っては、私達人間でも同じことが言えるかもしれません。

例えば「最近肉ばかり食べているから魚や野菜を食べるようにしよう」など、ある意味気軽な感じでその日のメニューを決めている人も多いと思います。結果的に、そうして無意識の内に栄養バランスを調整しているんですよね。

あまりガチガチに考える必要はありません。いい意味で気軽に愛犬の手作りご飯作りを楽しんでみましょう。

まとめ

犬の手作りごはんが人間の食事よりも簡単な5つの理由をご紹介しました。

  1. 味付けは不要
  2. 見た目を気にする必要なし
  3. 作りおきができる
  4. 基本はおじや(雑炊)でOK
  5. 栄養バランスは一週間単位で考えれば◎

人間と違って犬用の手作りご飯は簡単に済ませられるポイントがたくさんあることがお分かりいただけたと思います。

百聞は一見にしかず、実際に試してみて「思ったよりも簡単?これなら続けられるかも!」と少しでも感じていただけたら嬉しいです。