犬の栄養学

犬猫とタウリンのお話。不足、病気、サプリについて

栄養ドリンクでお馴染みのタウリン。よくCMも流れていますよね。もしかするとあなたも現在愛用しているかもしれません。

滋養強壮、疲労回復など我々人間にとっても嬉しい効果が期待できるタウリンですが、実は犬や猫などのペットにとっても大切なものなんです。

その影響はと言うと…不足すると心臓トラブル、失明の原因になったりと甘く見られません。今回は犬や猫とタウリンの関係についてお話します。

タウリンが不足してしまうとどうなるの?

まずタウリンが不足してしまうと体にどのような影響が出るのでしょうか?

それは最悪死にも関わる「心疾患」に影響すると言われています。

後に記述していますが、タウリンを体内合成できない猫ちゃんが「拡張性心筋症」を起こすことが過去の事例で分かっています。

またワンちゃんの場合も犬種により体内合成できるタウリンの量に差があるらしく、注意が必要な個体がいます。

タウリン不足で拡張性心筋症の心配がある犬種は…キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、アイリッシュ・ウルフハウンド、アメリカンコッカースパニエル、ゴールデンレトリバーなど。

さらにタウリンは目の健康に深く関係している成分なので、不足すると白内障のリスクが高まり、最悪失明してしまう可能性もあるそうです。

犬はタウリンを体内合成できるが猫はできない

人や犬では体内のシステインというアミノ酸からタウリンを合成することができますが、猫ではできません。ですから猫ちゃんの場合は「絶対に食事から」タウリンを摂取する必要があります。

とはいえワンちゃんの場合も体内で合成できる量だけでは不十分。そのため不足分はやはり食事から補う必要があります。

タウリンはどのようなものに含まれているかというと、魚介類や(中でも貝類に多い)イカやタコに多いことで知られています。

でもこれらの食材って…消化に悪かったりと犬にはあまり良くないことで有名ですよね;少量であれば問題ないことがほとんどですが、しかしそれではあまり意味が無いですし、どっちみちタウリンを補給する食材には向いていなそうです。

ただタウリンは私達人間も、そしてワンちゃんにも馴染みのある「お肉」にも含まれています。(牛、鶏、ラムなど。因みにマグロにはお肉の倍含まれる)

ですから健康な子では肉や魚をバランスよく摂取していればOKなのですが、先述したように先天的にタウリン合成量が少ない犬種や現在心疾患に罹っている子では話が変わってきます。

何故なら普段与えている食事では含有量が全く足りないから。

なんでも心疾患の改善が期待できるタウリン量は「500-1000mgを1日に3回」とのこと。

これ普段の食事(手作りもドッグフードも)では全く届いていないんです…

心疾患の子向けの療養食にもタウリンは添加されていますが(普通のドッグフードにも入っていることがある)、これでも不足していることが多いです。

ですので、改善を期待したい場合はやはりサプリメントなどを使う必要が出てきます。

天然タウリン使用のサプリメントを選ぼう

犬猫専用のタウリンサプリメントはいくつか販売されていますが、選ぶなら「天然タウリン100%」のものがおすすめです。

というのも、タウリンには合成と天然の2種類があって、人間用の栄養ドリンクに使われているのは「合成タウリン」だそうです。

合成タウリンは重油等から精製されているらしく少し安全面が心配…。ですから動物由来の素材から抽出された「天然タウリン」の記載があるものを選ぶようにしましょう。

因みにサプリメントは過剰摂取が心配になりますが、タウリンは過剰分は尿から排出されるそうなのでその点は安心して大丈夫です。(とはいえ目安量は守ってくださいね!)

高齢犬、白内障のワンコ、病後など体力が低下している子にはタウリンをしっかりと摂取させてあげましょう。

犬用のタウリンサプリメントを探す

まとめ

人にも犬にも猫にも必要な成分が「タウリン」です。不足して深刻な症状が現れる前に、日常的にしっかりと補うようにすることが大切となります。

そのためにはやはりバランスのいい食事が欠かせません。どうしても不足するようならサプリを活用するのも1つの方法です。

愛犬の体調や状態を見て、タウリンを上手に補ってあげてください。