ドッグフード選び

本当の「無添加ドッグフード」を見極める、ある1つのポイント

選ぶなら「絶対無添加ドッグフード!」と思われているあなたへ。

その心掛けはとても大事です。なぜなら世の中には、想像を絶するくらいひどい原材料を使い、人工添加物がたっぷりのドッグフードが溢れているから。

しかし、パッケージなどに「無添加」と書いてあるだけでは100%安心は出来ません。

「いやいや…裏面の原材料欄もちゃんとにチェックして変な添加物が使われてないか確認してるから大丈夫だよ!」…それでも100%安心は出来ないんです。

実は“本当の無添加ドッグフード”って凄く少ないのが現実なんです。。

添加物が含まれていても「無添加」として販売できる

世の中にはたくさんの“無添加”ドッグフードがありますが、その全てが本当に安心できるものかというと答えは「NO」です。

なぜなら、ペットフード業界には「キャリーオーバー」の仕組みがあるから。

ここでいうキャリーオーバーは、多くの方が真っ先に想像してしまうロト6などの宝くじのことではありません。

意味は同じです。キャリーオーバーには主に「繰越し」「残っているもの」「影響」などの意味がありますが、ペットフードに当てはめて考えると、これは「添加物」についてを指しています。

詳しく言うと、「原料に使われている添加物が完成品である商品に影響する可能性がある」ということ。

ペットフードを製造するメーカーは、自社で添加物を使えばそれを表記しなければいけない決まりがありますが、“仕入れた原料に使われている添加物”についてまでは表記する義務はありません。

ですから「自分のところで添加物を使っていないから=無添加」として販売することが出来るのです。

この事実を知ってあなたはどうお感じになりますか?

ドッグフードの原材料に使われる添加物

ドッグフードに使われるお肉、野菜、穀物…。これらの原材料は、主に「低コスト」の目的から、さまざまな添加物が使われている可能性があります。効率よく家畜を育てたり食材を栽培するのにはどうしても必要になってしまうんですね。

しかし「無添加ドッグフード」として販売されている以上、その事実が私達消費者には伝わりづらいです。…というよりもパッケージを見ただけでは絶対に分からないフードばかりでしょう。。

“無添加”という文字だけで安心してしまう飼い主さんも多いと思います。これってちょっとずるいなぁ…と思うんですよね。

その背景には一切触れず、無添加を強調して「安心ですよ」とアピールする。まぁそこに触れれば売れないでしょうし、意図的にやっているので仕方ないのですが(汗)

とにかく「無添加」という言葉だけに惑わされないようにすることが大事です。

本当の「無添加ドッグフード」を見極めるポイント

ここまでを読んで「無添加ドッグフードでも安心できないんだ…じゃあどうすればいいの!?」と嘆かれている方もいるかもしれません。

正直なところ、実際どうなのか?は中の人(製造に携わっている人)しか分からないと思っています。世知辛い世の中ですし…

しかし、「本当の無添加ドッグフードを見極める」ちょっとしたポイントはありますので、それをご紹介しますね。

それは(人工添加物は一切不使用の“無添加”の表記のあることが前提として、それに加えて)「原材料についてとことん詳しく説明しているドッグフード」であることです。

「無添加」と書かれていても、「良質な○○のお肉を使っています」とか、「新鮮な食材をそのまま」とかちょっと曖昧な感じでは無くて、お肉であれば「どんな飼料を与えているか、どんな飼育方法か」など、野菜や穀物であれば「どんな栽培方法で育てているか」…などかなり詳しく解説してるものは安心度が高いと判断できます。

自社で全ての原材料をまかなっているところは尚良しですが、他の国から輸入しているとしても、先述のように詳しい説明があれば信頼性は高いですよね。

もちろん嘘八百の可能性も否定できませんが、さすがにそこまではしないだろうと…思いたいです(ー_ー;)

いずれにせよ、ただの「無添加」よりも、その根拠を示す詳しい説明があったほうがずっと安心できるということです。

まとめ

「無添加」と謳えば売れるだろう…と思っているメーカーもあると思いますが、私達飼い主はそのちょっと先を行って「本当の無添加ドッグフード」を賢く選びたいものですね。

パッケージのチェック、原材料のチェック、そして公式HPなども注意深くチェックして、なるべく安心できるフードを見極めることが大切です。