管理人の体験レポ

毎日愛用中!管理人の勝手にヤギミルクパウダーレビュー

管理人宅の毎日のわんご飯に欠かすことのできないアイテム、それが「ヤギミルクパウダー」です。

ヤギミルク自体は瓶入りで生のものが販売されていますが、使い勝手がよくて便利なので私は粉末状のパウダータイプを愛用しています。

そこでこのページでは、実際の写真入りでヤギミルクパウダーをレビューしてみました。もしご興味があればぜひご覧になってみてください。

たくさんの種類があるヤギミルクパウダー

ヤギミルクパウダーはたくさんの種類が販売されています。私はいつも楽天で購入していますが、楽天内のペット商品を扱うショップなどで見つけることができると思います。

値段は大体100gで1,300円くらいのものが多いでしょうか?中にはもっと高いものもありますが、私はいつもこのくらいの価格帯のものを購入しています。

今まで色んなヤギミルクパウダー(といっても5種類くらい)を試してみましたがやはり味は微妙に違っていますね。

愛犬に与える際にちょっと拝借して舐めてみるのですが、甘い香りが強いもの、塩味がちょっと強いもの…とさまざま。自分の好みでランク付けしたり…(笑)

写真のものは現在愛用しているジョン&ココさんのヤギミルクパウダーです。オーガニック原材料使用の100%ヤギミルク。封を開けると甘い香りがして味も濃厚で美味しい。

楽天内を見てみると、ヤギミルクパウダーはアメリカ産、オランダ産、オーストラリア産が主な原産国でした。

うち試してみたことがあるのはオランダ産とオーストラリア産。自然のものなのでいつも味が同じ…ということはないでしょうが、何となく個人的にオランダ産のものが甘みが強くて美味しいような気がしました。

因みに保存は一応冷蔵庫に入れています。冷暗所…というのがいまいち分からず。。だって夏場には冷暗所なんてどこにもない!冬場なら常温でも大丈夫でしょうが、夏場は冷蔵庫に入れておいたほうが安心できますので。

ドッグフードとヤギミルク~3通りの楽しみ方

嗜好性の高いヤギミルクパウダーはドッグフードのトッピングに最適です。甘い香りに誘われてワンコもイチコロ☆というわけですね。

そして我が家には、粉末状だからこそのドッグフードとヤギミルクという2つの組み合わせで3通りの楽しみ方が存在しています。ご紹介しますね。

そのままカリカリにかける

1つ目はカリカリドッグフードにそのままヤギミルクパウダーを振り掛けるという最もオーソドックスな方法。1番手軽で簡単です。

溶かしたミルクをかける

2つ目は溶かしたヤギミルクをフードにかける方法。ヤギミルクでフードをふやかしてもOK、またフードにヤギミルクパウダーをかけた後にぬるま湯を入れてふやかしてもOK。自由度の高い方法です。

完食後のご褒美にあげる

そして3つ目はドッグフードを食べきった後に完全にヤギミルクだけを与える方法。粉末状でも溶かしてもOK。もはやトッピングではありませんが、ヤギミルク本来の味を思う存分楽しむことができる方法です。

以上の3つの楽しみ方を日によって変えながら実践中。同じものでもちょっと工夫することでバリエーションが広がる…はず。

まとめ

管理人の勝手にヤギミルクパウダーレビュー。その高い栄養価や特徴などにはあえて触れず、本当にただのレビューをお送りしましたが(笑)いかがでしたでしょうか?

当記事でご紹介したようにドッグフードのトッピングやおやつとして…色々と活用できるのがヤギミルクパウダーです。

ご家庭に常備しておくと何かと便利ですので、ぜひわんご飯のお供に活用されてみてください。