わんごはん食材辞典

犬のご飯に「オートミール」はありです!でも気を付けたいことも。

今回はオートミールについて書いていきたいと思います。

ところであなたはオートミールって食べたことありますか?アメリカではポピュラーな穀物なのですが、何せ日本ではあまり広まっていない。

おそらく「一生で一度も食べたことがない」という人もいるでしょう(笑)

でも、それちょっと勿体無いかもしれませんよ!オートミールって実はかなり凄い穀物なんです。

愛犬にも与えてOKなので、ぜひレシピに加えてみてください。

玄米より凄いオートミールの栄養価

オートミールってどんなところが凄いの?という質問には、とりあえず「玄米よりも凄いのよ」という返答がシックリきます(笑)

一般的には「白米よりも栄養価が高い玄米がいいよ!」と言われていますね。そしてその玄米よりもオートミールは栄養価高いよ!というわけです。

オートミールは全粒穀物で精製されていないので、ミネラルやビタミンなどの栄養素がたっぷり残っているんです。

オートミールに豊富な栄養素には

  • 食物繊維
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • ビタミンB1
  • カルシウム

などがあります。

ここでちょっと玄米や白米との栄養価の違いを比べてみましょう。

オートミールは玄米と比べて…

食物繊維が3倍、鉄分が2倍、カルシウムが5倍!

オートミールは白米と比べて…

食物繊維が22倍、鉄分が5倍!

おぉーこれは優秀だわ(゜o゜)

ご覧の通り、オートミールは特に「食物繊維」が豊富なんです。私たちが最もよく食べている白米のなんと22倍!

だからお通じに良いと言われています。鉄分もかなり多くて、鉄分は不足しがちな栄養素なのでこれも嬉しいポイントです。

オートミールで期待できること

「栄養価が高い」と言われても具体的にどう良いのかがよく分からないですよね。

そこで「オートミールを食べることで期待できる効果」について、箇条書きでまとめてみました。

  • 血中コレステロール値が上がるのを抑制
  • 血糖値が上がるのを抑える
  • 血圧低下作用
  • 免疫機能を正常に保つ
  • 低GI食品だから脂肪になりにくい
  • 満腹感が続くからダイエットに良い
  • デトックス効果でがん予防
  • 2種類の食物繊維で便秘解消

などなど、色々なことが言われています。

この効果のほとんどは、やっぱり「食物繊維」のおかげなんですね。

最後の「2種類の~」というのは、まず、食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があって、この2つの食物繊維はどちらも摂ることが理想とされています。

「犬に食物繊維は必要ない」の本当のところ。…じつは必要ある?「犬は基本肉食だから、食物繊維は必要ない」ってよく言われていましたよね? 私も「そうなんだ~」と以前は特に気にすることもなく納得し...

オートミールにはどちらもバランスよく含まれているので、さらに体に良い効果が期待できるわけですね。

あと、小麦やとうもろこしよりもアレルギーになりにくいというワンちゃんに嬉しい特徴もあります。

犬ご飯でよく使われる炭水化物は、うどん、そうめん、パスタなど小麦粉が原料のものが多いので、オートミールも定番にしてあげるといいのかな~と^^

犬にオートミールをあげるときに注意すること

オートミールには良いところがいっぱいありますが、犬に与えるときには注意したいこともあります。

簡単にまとめると↓のようなことに注意です。

  • 大量に与えない
  • しっかり煮込んで柔らかくする
  • リンの含有量も多い

1つずつ詳しく見ていきましょう。

大量に与えない

まず、オートミールは穀物で、しかも食物繊維が豊富なので「大量には与えないこと」が大事です。

使う量は大体「食事の全体量(見た目)の4分の1」に留めておきましょう~。

しっかり煮込んで柔らかくする

オートミールは5分くらい煮ると粥状になって使いやすいのが良いところですが、犬に与える場合はしっかり柔らかくしてからあげましょう。

調べたところ、オートミールにはいくつか種類があるようで、柔らかくなるのにかかる時間はマチマチです。

一般的なものは「ロールドオーツ」と「クイックオーツ」と呼ばれている2種類。

より短時間で柔らかくなるのがクイックオーツのほうなので、愛犬に与える場合にはクイックオーツから始めてみると良いかもしれません。

あ、因みに「インスタントオーツ」はNGです!これはすでに味付けがされているので犬には向いていません。

リンの含有量も多い

↑の栄養素のところにも書いたように、オートミールには「カルシウム」が豊富なのは事実なのですが…じつはその「8倍」もリンが含まれています(汗)

オートミールについてネットで調べていると、「カルシウムが多い」ことばかり強調されているのでここは注意。

リンが多いとカルシウムの吸収が上手くいかないので、この場合はカルシウムが多くてもあまり意味がない…と言わざるをえません。

カルシウムの吸収に大事な栄養素たち…どんなバランスが理想?犬にとって非常に重要な栄養素である「カルシウム」ですが、たくさん摂りすぎても、当然少なすぎてもよくありません。 じゃあ「必要量を守...

人の場合もそうですけど、特に犬はカルシウムが必要な生き物なので注意してください!

ネットでいくら「カルシウムが多い」ということを目にしても無視してくださいね(笑)そこは気にせずに適度にオートミールを使うのはOKです。

まとめ

犬に与えるオートミールについてまとめてみました。

我が家では週に2~3回、その日の穀物(炭水化物)としてご飯に使っています。

栄養価が高いので、興味があればあなたも試してみてください^^

その際は「少量でしっかり柔らかくすること」を意識してみてくださいね。