管理人の体験レポ

お魚のドッグフード「わんこのきちんとごはん」を買ってみた【感想】

メーカーさんの「愛情」が至るところから感じられるお魚メインのドッグフード「わんこのきちんとごはん」を買ってみました。

「肉ばかりだからたまには魚のドッグフードをあげたい!」
「シニアの体に優しいフードを探している」
「老犬で食欲の衰えが気になってきた…」
「硬いものが苦手なうちの子でも安心して食べれるものがいい」

…そんなあなたに「わんこのきちんとごはん」はおすすめです。

写真入りで正直な感想を書いているので、ぜひご覧になっていってください。

「わんこのきちんとごはん」の成分や特徴

原材料…生肉(タラ、メギス(白身魚を中心に季節により変動)、豚レバー)、大麦、魚粉(鰹削り節、片口鰯煮干)、ヤシ粉末、玄米粉、脱脂大豆、とうきび、さつまいも(五郎島金時)、胡麻、あぶらかす(豚)、脱脂米ぬか、ひまわり油、脱脂粉乳、乳清、海藻粉末、カルシウム粉末、ビール酵母、フラクトオリゴ糖、ビフィズス菌

保証分析値…粗蛋白質28%以上、粗脂肪9%以上、粗繊維2%以下、粗灰分8%以下、水分10%以下

カロリー…370kcal/100g

保存について

特に記載のないものは「冷蔵庫に入れるとカビが生えてよくない」と言われますが、わんこのきちんとごはんのラベルには「冷蔵庫」の文字が。

もちろん冷蔵庫で保存してもOKですが、ただ夏場でなければ、湿気が少なくなるべく涼しいところに置いておけば大丈夫だと思います。

シニア犬に特におすすめのドッグフード!

「わんこのきちんとごはん」は、1歳から老犬まで与えられる年齢を選ばないフードですが、どちらかと言えば特に「老犬」におすすめしたいです。

魚由来のEPA・DHAが、100gあたり合計で830mgも含まれていて、脳の衰えを予防するのに効果的。魚は丸ごと使っているのでコラーゲンもたっぷり。足腰の関節の働きをサポートしてくれます。

超小粒で食べやすいところもポイント。

シニアになるとどうしても歯がもろく、また顎も弱くなってくるので、「食べたいのに食べれない」という子も多いと思いますが、サクサク軽い食感の「わんこのきちんとごはん」なら安心です。

原材料と製法にこだわりあり!

「わんこのきちんとごはん」は国産の無添加ドッグフードです。遠い遠い国ではなく、自分が住んでいる同じ「日本」で作られていると思うだけで安心感が生まれますよね。

使っているのは、石川県の新鮮な原材料。メインの魚は凍ったままでスピーディーに粉砕、加工するので鮮度がちがいます。

サツマイモも地元の「五郎島金時」を使用。ほくほく自然な甘さが特徴です。

ドッグフードとして粒になったあとも抜かりなし。高温で加工される一般的なフードとちがって、一晩じっくりと低温乾燥させるので、栄養素の損失や酸化を極力抑えることができます。

250gの小分けになっているからいつでも新鮮!

空気に触れた瞬間から酸化していってしまうのはドッグフードも同じです。そしてワンちゃんの食い付きに大きく影響する「風味」もだんだん失われていき…。

だから新鮮さをキープできる小分けタイプってすごく有難いんですよね。

「わんこのきちんとごはん」は250gと使いやすい少量でパックされているので、鮮度も美味しさも◎

保存にそれほど気を使わなくて済むのも嬉しいです。

公式サイトの通販について

価格・送料・支払い方法について

●価格(税込)…250g:1,620円 1kg(250g×4):3,888円

●送料…1点から送料無料(沖縄・離島は別途500円)

●支払い方法…クレジットカード、NP後払い、代金引換、銀行振込、ゆうちょ振替

⇒「わんこのきちんとごはん」の詳細へ

わんこのきちんとごはん(魚)を通販してみました!

公式サイトから注文。早い時間に頼んだとはいえ、その日に発送→翌日に届く…ととてもスピーディーな対応でした。(支払い方法はクレジットカードを選択)

配送業者は日本郵便(ゆうパック)です。

しっかりしたダンボールで、前には「CHIEN-CHIEN」とお店の名前やフードの名前がプリントされた紙が貼ってあります。

箱を開けてみました。ちゃんとに緩衝材の紙で商品が動かないようになっています。

ガサガサやっていると、早速嗅ぎつけた愛犬が(笑)興味しんしんです。

中には、「わんこのきちんとごはん(魚)」とガイドブックや給餌量が細かく記載されたプリントが入っていました。

それにしても…改めて見てください!この可愛いパッケージ!

小分けタイプだからこその趣向なのでしょうが、やっぱりただのノペッとした印字だけのものよりテンションが上がります(・∀・)

シンプルだけどとってもお洒落ですね。

裏面。お家みたいになっているのが可愛いです。

250gの小分けになっています。片手で持って丁度いいくらいの大きさです。

ただ、チャックなどは付いていないので、開けたら空気が入らないようにきっちり口を締めるか、ほかの密封容器に入れる必要があります。

私はミニサイズのフリーザーパックに入れました。

「わんこのきちんとごはん」の感想。味や匂いは?

「わんこのきちんとごはん」はと~っても小粒タイプのドッグフードです。

サイズは直径4mm、長さ5~10mmくらいだそうで、今まで試したドッグフードで1番小さいかもしれません。

これなら超小型犬の子も、シニアの子も難なく食べることができると思います。

匂いはやっぱりメインのお魚が強いです。使っているので当然かもですが、鰹節のような美味しそうな匂いがします。人工的な香料じゃないので、不自然じゃなくとても自然な感じ。

味もやっぱりお魚でした!(私が試食)何と言うか…お魚ベースのフードってどれも同じ味に感じてしまいます(笑)

というか、ドッグフードの味の違いが分かりません。。

安くて添加物たっぷり、ギトギトなフードなら「これはヤバイ!」とすぐに分かるのでしょうが。最近は変なものを買ってないから…ということにしておきます(;´∀`)

ドッグフードをあげるときは「量はどれくらい?」ということがまず気になると思いますが、この点、わんこのきちんとごはんはすごいです!

一緒に入っていた給餌量表。これが超細かく書いてあってですね。

普通はもっと幅が広くてアバウトなのですが、なんと「0.1kg」単位で書かれているんですよ!

もちろん色々な要因でその子にぴったりの量は変わってきますが、それでも、与える目安量がすぐに分かるのは助かります。

気付くと愛犬がこんな顔で見ていました(笑)モタモタしてるから怒ってる?

愛犬にあげてみたところ…

「早くぅ…」と言わんばかりの顔で見ていたので、マテの時間も短めにあげてみました。

さて「わんこのきちんとごはん」の食い付きやいかに…!?

一瞬間が空いたあと…

シーン。

どうやらお気に召さなかったようです(´;ω;`)

仕方がないので秘密兵器(ヤギミルクパウダー)を投入。

すると、ご覧の通り。ペカ~っと綺麗に完食しました。

もうこれは毎回恒例になりつつあります。いつも「ふやかし+ヤギミルク」が定番になってしまっているので、どうしてもカリカリのままだと食べてくれない…(-_-;)

ずっとそれでいったら諦めて食べると思いますが。とりあえず、スムーズに食べてくれるこの方法でイイかな~と思ってしまっている自分がいます^^;

(緊急時のときとかは困るんですけどね…)

でも本当に不味いと思っていたら一切食べない子なので、嫌ではないんだと思います。ただもっと美味しいものを知っているだけで(笑)

お魚のいい匂いがするフードなので、普段カリカリを食べてるワンちゃんなら興味を示してくれるのでは無いかと思います。

まとめ

「わんこのきちんとごはん」を買ってみた感想を書いてみました。

お肉もいいけど、DHA・EPAなどお魚にしか無い魅力的な栄養素もあるので、たまには魚ベースのドッグフードをあげてみるのもいいと思います。

その際は、愛とこだわりが感じられる「わんこのきちんとごはん」をぜひ検討してみてください^^