ドッグフード選び

肉と魚のドッグフードだったらどちらを選べばいいのか?

突然ですが、あなたはお肉とお魚だったらどちらが好きですか?食の欧米化が進んでいる現代の日本では、おそらく「肉好き」のほうに軍配が上がるのではないでしょうか。

かくいう私も魚は少し苦手なのでお肉のほうが好きな一人です。とはいえ無類の魚好きの人もいるでしょう。

人の好みは人それぞれ…そして私達の愛するワンちゃんも好みはワンそれぞれ(←犬それぞれ?)なんですよね。

犬といえば肉…?

ドッグフードには魚よりも肉が使われていることが圧倒的に多いので、「犬といえば肉!」というイメージを持たれている方も多いかもしれません。実際ワンちゃんはお肉が大好き。

しかしながら、肉よりも魚が好きなワンちゃんも結構いるんです。あるいは両方同じくらい好きな子も…(笑)

そうなると、肉と魚のドッグフードが両方あった場合「どちらを選んだほうがいいの?」と少し迷ってしまいませんか?

愛犬の好みに任せるのか、もっと違う選択基準があるのか、「ローテーション」で一件落着なのか…?どうすればいいのでしょうか。

特に気にする必要はなし。愛犬に合ったほうを選べばOK

肉も魚も良質な動物性たんぱく質なので、基本どちらをタンパク源として選んでもOKです。「犬なんだから肉じゃなきゃダメ」ということはないので、愛犬が魚のほうが好きなら魚がメインのドッグフードを選んであげてください。

どちらがいい…ということよりも、その子が好きかどうか、アレルギーが無いか、その子の体質に合っているか、が重要です。

ただどちらを選ぶにしても気になる点はいくつかあります。

例えばドッグフードの原材料としてメジャーなお肉ですが、飼育環境や飼料の安全性についてはっきり分かる商品は少なく、気になる飼い主さんは多いと思います。

魚では人間でもお馴染み「水銀」の心配もありますし、魚の脂は酸化しやすいのでその点も気になるところです。(酸化したフードを食べる危険性と、酸化を抑えるため強力な酸化防止剤が使われている危険性両方)

いずれも抜かりのない原材料チェックと、信頼できるメーカーの商品を選ぶことが大切です。

肉と魚のドッグフードそれぞれのメリット

どちらを選んでもいいと言っても、当然肉と魚では含まれる栄養素などは変わってきます。

ワンちゃんの好み以外で向き不向きがある場合があるので、ここでまとめたそれぞれのフードのメリットを見て検討されてもいいかもしれません。

肉のドッグフードのメリット

まずお肉を使ったドッグフードは嗜好性が高いという点があげられるかと思います。

やはり肉の旨味はワンちゃんは大好物なので、食い付きアップが期待できるでしょう。魚のドッグフードをあまり食べない…というワンちゃんに試してみる価値あり。

また人間でもそうですが、お肉はエネルギーの源です。筋肉質で引き締まった健康的な体づくりには欠かせません。運動量の多い若いワンちゃんにおすすめと言えます。

魚のドッグフードのメリット

魚は肉よりも低カロリーなので、肥満でダイエットが必要なワンちゃんに向いていると言えます。

また食欲旺盛の高齢期のワンちゃんやたくさんの量を食べたいちょっと食いしん坊の子にもおすすめ。

魚には心疾患や胆石の予防に効果的なタウリン、骨の健康に欠かせないカルシウムが豊富のうえ、脳や目、血管の健康を守るDHAやEPAを素材のまま自然な形で摂取できるのが魅力です。

まとめ

肉と魚…どちらが主原料のドッグフードを選ぶかは、ワンちゃんの好みや状態によって変わってきます。偏りが気になるならドッグフードのローテーションも1つの方法でしょう。

「どちらがいい」ということはないので、その点は安心して愛犬にぴったりのフードを探してあげてください。