ドッグフード選び

「ドッグフードは1kg1,000円以上のものを選ぼう」ってよく言うけど何で?

ドッグフードは価格である程度、良質なのかそうじゃないのかを見分けることができます。

1kg100円ほどの激安の部類に入るドッグフードにワンちゃんの健康を支えるものは何1つ入ってはいないでしょう。とはいえ1kg3,000円以上していればいいのかというとそうとも限りません。

「じゃあどうすればいいの?」とあなたは思うかもしれませんね。実はドッグフードには安心か否かを判断する、ギリギリラインの価格の目安があるんです。

それが「1kg1,000円以上」。このラインを下回る価格帯のものには食用に耐えうる食材は使われていない…と大まかにですが判断することができます。

どうして1kg1,000円以上なの?

さて、どうして安心して与えられるドッグフードのギリギリの価格帯が「1kg1,000円」なのかあなたも気になりませんか?

これは何も難しいことではなく、単純に原材料の価格を考えれば見えてくる価格帯なんです。

安心して与えられるドッグフード=人間レベルの食材を使っている、と判断することができます。たんぱく質を最も必要とするワンちゃんのドッグフードに最も多く含まれているべきは、ずばりお肉やお魚です。

そこで、スーパーなどで人間用に売られているお肉やお魚の値段を考えてみましょう。お肉の中でも比較的安価な鶏むね肉でも1kg700円くらいはするでしょうか。

この時点で1kg100円のドッグフードがありえないことに気付くはずです。(人間レベルの食材を使っていない、もしくはそのほとんどが安価で手に入る穀物を使っていて肉はほとんど含まれていないと予想できます)

しかし、もしかすると「じゃあ1kg700円くらいのドッグフードでもいいじゃん」と思われる方もいるかもしれません。

ですが当然ドッグフードに使われているのはお肉だけでなく、野菜やビタミンなどその他にもさまざまなものが使われています。

またドライドッグフードは製造過程において水分量は10%以下に調整されるので、お肉は水分が70%ほどの生肉よりもさらに多くの重量を必要とします。

そして忘れてはならないのが、ドッグフードの値段=原材料費ではないということ。

製造費、輸送費、人件費、広告費、メーカーの利益…つけられた値段はさまざまなコストがかかったうえでの値段なのです。

そういったことを踏まえると、「1kg1,000円」がギリギリのラインであると推測できるようです。

まとめ

家庭によりさまざまな事情があるか思いますが、大切な愛犬の健康を考えるなら、最低でも「1kg1,000円以上」のドッグフードを検討して欲しいと思います。

もちろん値段だけで判断するのではなく、値段の次には原材料を必ずチェックするようにしてください。(逆も可)

値段だけ高くて使われている原料はお粗末なドッグフードも決して少なくありませんから…