ドッグフード選び

基本はドライ、ごくたまにウェット、セミモイストは不要?

ドッグフードは含まれる水分量によって、主に3つのタイプに分かれて販売されているのをご存知ですか?

  • ドライ(カリカリ)タイプ…水分量が10%以下のもの
  • セミモイスト(半生)タイプ…水分量が25~35%程度のもの
  • ウェット(缶詰)タイプ…水分量が75%以上のもの

ただし、これらの違いはただの水分量だけではなく、じつはほかにも全く異なる特徴があったんです。それぞれ詳しくご紹介しますね。

ドッグフード~3つのタイプをご紹介

ドライタイプ

売り場やネット通販で探しても分かると思うのですが、圧倒的に種類が多いのがドライタイプのドッグフードです。それだけ販売者にとっても消費者にとっても利点が多いということ。

水分量が10%以下ということで3つのタイプの中でも1番保存性に優れており、天然の酸化防止剤でも長期間の保存が可能となっています。

カロリーに対してのコストが低く、利用している人が最も多いのがドライタイプのドッグフードです。

セミモイストタイプ

ドライとウェットの中間的位置にいるのがセミモイストタイプです。見た目はおやつのジャーキーを細かくちぎったような感じ。

やわらかいことと匂いも強いため、ドライタイプのドッグフードよりも嗜好性が高いのが特徴です。そしてコストもドライより高め。

そして何と言っても最も危険なのがこのタイプ。3つのタイプの中で添加物が使われている可能性が高く注意が必要です。

ウェットタイプ

水分を多く含み生の食感に1番近く、匂いも強い。そのため3つのタイプの中で最も嗜好性が高いのがウェットタイプのドッグフードです。

食い付きアップに効果絶大ですが、ウェットタイプに慣れてしまうとドライタイプは全く食べなくなるワンちゃんも多いそう。。

価格も高いため、食欲がないときやたまにご褒美として与えるなど、ごくたまに利用するのがいいかもしれません。

基本はドライドッグフードを与えるのが吉!

特別な理由が無い場合は、基本ドライタイプのドッグフードを与えたほうがいいでしょう。

1番は、乾燥しているため最も添加物が少なくて済むという点が魅力です。無添加のものならなお安心。

そして保存が便利なのもハズせないポイント。セミモイストやウェットタイプは開封後は冷蔵庫保存が必須なものが多いですが、ドライドッグフードはしっかり気を使えば開封後も常温保存が可能です。

少量でも十分な栄養を摂れるので、コストが安く抑えられるのも嬉しいですね。

例えばウェットタイプでドライタイプと同じだけの栄養やカロリーを摂取しようと思ったら、商品によってはその3倍ほどの量を食べなくてはいけません。(食いしん坊の子だったらいいのかも…?)

セミモイストタイプが1番危険な理由

3つのタイプの中では、半生状態のセミモイストタイプが1番危険度が高いドッグフードと言えます。

それは先述したように、「犬の体に害となる添加物」が多く使用されているためです。ざっとですが調べてみたところ、“セミモイスト”の名がつくドッグフードに無添加のものは見つけることができませんでした。(添加物なしでは作れない?)

セミモイストタイプに使われる添加物は大きく分けて2つ。その独自のしっとりさを保つための「湿潤剤」と、水分が多く腐りやすいことから、それを防ぐ「保存料や酸化防止剤」です。

どのような添加物が使われるかというと、湿潤剤ではソルビトールやプロピレングリコール、保存料ではソルビン酸カリウムやデヒドロ酢酸ナトリウムなど、またこの他にも発色剤として亜硝酸ナトリウムが使われているものも多く、嫌な意味でバリエーションに富んでいます。

つまりセミモイストタイプのドッグフードは、化学的に合成された添加物のオンパレードというわけです。

愛犬の健康を考えるなら、なるべく選ばないほうがいいタイプのドッグフードと言えます。

※因みにウェットタイプでも増粘安定剤(増粘多糖類)や発色剤(亜硝酸ナトリウム)、着色料などが使われているものもありますが、無添加のものもあります。

与えるフードは愛犬の様子を見て決める

以上のような理由から、基本は無添加でヒューマングレードのドライドッグフードを与えるのが1番いいかと思いますが、中にはそれが難しい場合もあるでしょう。

例えば、どんなに工夫してもドライタイプを食べてくれないワンちゃんなど。

ドライフードをふやかす、少量だけウェットタイプを混ぜる…等で食べてくれるようになるワンちゃんも多いですが、中には全く受け付けない子もいるので、そういった場合に限りウェットタイプやセミモイストタイプを検討してもいいかもしれません。

その場合は言わずもがな、なるべく添加物が少ないものを選んであげてくださいね。

他には、食欲がないとき。ウェットタイプの嗜好性は抜群なので、ドライに混ぜるかそのままオンリーで与えてもいいでしょう。(その場合は必要な栄養量やカロリーを満たせているか確認してください)

兎にも角にも、怪しい添加物が入っていないことが大事なので、どのタイプのドッグフードを与えるにしてもまずは原材料をしっかりチェックするようにしましょう。

まとめ

ドッグフードには水分量によって分けられる3つのタイプがある。

  • ドライタイプ…保存性が高く使い勝手がいい。コスパがいい。
  • セミモイストタイプ…ドライタイプよりも食べやすく嗜好性が高いが、体に悪い添加物が多く含まれる。
  • ウェットタイプ…嗜好性は抜群でも価格が高い。たまに与えるか、食欲が無いときなどに上手に活用する。

総合的に見てドライドッグフードが1番おすすめだが、状況に応じてその他のドッグフードも上手に活用するといい。