ワンちゃんの飲み物

犬もぬるめの水(常温)より冷たい水のほうが美味しいと感じる?

蛇口から出る水や、ペットボトルの水をそのままワンちゃんの水飲み用の器に入れる方が多いと思いますが、その温度が気になったことってありませんか?

例えば、「うだるような暑さが厳しい夏の日…冷たい水のほうが愛犬も喜ぶかも?」「冬場の水って凄く冷たいけどそのまま与えて大丈夫?」など。

水は質や量も大事ですが、その温度が気にかかる人も多いのではないでしょうか。そこでこのページでは、「ワンちゃんに与える水の温度」について詳しく調べてみました。

季節により上手に調整してあげるのがベスト

ワンちゃんに与える水は常温(ぬるめの水)でまず問題ありません。熱すぎたり冷たすぎたりするのは体によくないでしょう。

そして、そのことを踏まえた上で「ワンちゃんが喜ぶ」ことを考えた場合、季節や状況によって温度を調整してあげるのがベストです。

夏場の場合

夏場は冷たい水を好むワンちゃんが多いので、氷を上手に利用して程よくひんやりしたお水を与えてあげるとワンちゃんも喜ぶでしょう。

実際、暑い日の散歩後はかなりの確率で常温より冷たい水を選ぶワンちゃんが多いようですよ。

むしろこの時期は「冷たい水」と言わず、「氷」をそのままガリガリ食べる子が急増するようです…(笑)もちろん量はほどほどに。

冬場の場合

冬場で水が冷たすぎる場合は、お湯を少し足して常温か人肌程度に温めてあげると体に優しいです。

特に老犬で体の機能が弱っている場合は、冷たい水は体によくありません。胃腸を冷やして下痢をしてしまうかもしれないので、うまく調整してあげてくださいね。

犬によって水の温度にも好みがあるらしい

夏は冷たい水のほうがワンちゃんは好き、冬はぬるめの水のほうがワンちゃんの体に優しい…というように、夏や冬は「おすすめの水の温度」があります。

しかし、それとは関係なく、やはり犬によって水の温度にも「好み」があるらしいのです。夏でも常温の水を好むワンちゃんもいますし、1年通して常温の水が好き、冷たい水が好きなワンちゃんもいます。

行き過ぎた温度でなければ、ワンちゃんの好みを見つけてあげるといいかもしれませんね。

結論:夏場は冷たい水が好きなワンちゃんが多い

やはり人間と同じで、暑い夏は冷たい水を好むワンちゃんが多いということが分かりました。

体内の熱を下げようと自然と体が欲しているのでしょうが、やっぱり「暑い日の冷たい水」は美味しそうに飲んでいる気がしますよね。

夏以外の季節では基本「常温の水」でOKですが、その日の気温やワンちゃんの様子で、ちょっと冷たい水、ぬるめの水…と調整してあげたらいいかと思います。