ドッグフード選び

安いドッグフードを選んではいけない3つの理由とは?

「格安」「激安」「大特価」…これらの“お得ワード”に反応してしまう人は多いでしょう。

特に家計を預かる主婦の方は、この不景気な世の中、「お得な買い物で少しでも出費を減らしたい…」と常に考えておられるはず。

もちろん賢くお得に買い物をすることは悪いことではありません。売りたい業者と買いたい人の欲求がマッチするのですから、それはいいことです。

しかし愛犬の健康を左右するドッグフードに至っては話は別。その「お得ワード」「危険ワード」になってしまうかもしれないのです。。

そもそも「安い」の基準は?

本題に入る前に、そもそもドッグフードの相場を知らなければ「安いのかどうなのか」も分かりませんよね。

例えば、10kg1,000円で買えるようなドッグフード…これは明らかに激安の部類に入ります。中にはもっと安いものも存在しますが。。

今は1kg2,000円を超えるドッグフードも少なくありません。もちろん高ければいいというわけではありませんが、安さの基準、商品により価格には大きな差があるということを覚えておきましょう。

因みに価格が安めのドッグフードは、スーパーやペットショップに置いてあることが多いようです。

安いドッグフードの理由=選んではいけない理由

さて、世の中には「うまい話には裏がある」という言葉がありますが、それを少し変えて「安いドッグフードには理由がある」と言い換えることができるでしょう。

そしてその理由はそのまま、「選んではいけない理由」になります。3つに分けてご紹介しますね。

粗悪な原材料を使っている危険性が高い

人間レベルの食材を使って1kg100円のフードを作るのは無理があります。よって激安ドッグフードには人間用には適さない粗悪な原材料が使われている可能性が高いのです。

粗悪な原材料とは何か?それは主に4Dミート、肉の副産物などがあげられます。

4Dミートとは…

  • Dead(死亡した)
  • Dying(死にかけの)
  • Diseased(病気の)
  • Disabled(障害のある)

動物のお肉のこと。

わざわざドッグフードのために新鮮なお肉を使うのではなく、いらないお肉を有効利用してしまおうというわけです。

そして肉の副産物は“肉以外”の部位のことを指します。内臓類や脳、骨、血液、またひどいものだと糞尿や爪や羽なども一緒くたになって混入されています。

本来良質な内臓類はむしろ犬の体には必須となるものですが、安いフードの「肉副産物」に良質なものは1つもないでしょう。

有害な添加物が使われている可能性が高い

すでに腐敗が進んでいる肉類などを再度「食品」として加工するのですから、それ相応の処理が必要になることは避けられません。

その処理を助けるのが、犬の体に有害となるたっぷりの添加物の存在です。

すでに「食べ物」とは言えない原材料の状態をこれ以上悪化させないために発がん性が認められているBHABHTなどの強力な保存料を使ったり、粗悪な原材料から発せられる匂いをごまかすため、また食いつきをよくするために香料が使われていたりします。

メインとなる原材料が新鮮でないと、その欠点をさまざまな添加物でカバーしなくてはいけなくなるんですね。まさに悪循環の極みです。

穀物主体のフードになっている

当然ですが、お肉よりも穀物のほうが安く仕入れることができますよね。なので、激安ドッグフードには穀物が多く使われていることが多いです。

そして多く使われているだけならまだしも、そのほとんどが穀物でできているフードも少なくありません。

犬の体にとって1番必要なのは肉類などの「動物性たんぱく質」。穀物は消化が難しく、栄養も十分に摂れないことから、穀物主体のフードでは体を壊してしまう可能性があります。

また穀物といっても激安フードの場合、ほぼ栄養素が0の粗悪なものが使われている可能性が高いです。(かさ増しのためだけに配合など)

結論:愛犬の健康を考えるなら安いドッグフードは控える

「高いからいいとは限らないけれど、安くていいものは絶対にない」…ドッグフードに至ってはそう断定してしまってもいいと思います。

私たち人間が普段食べている食材とその価格、それを基準に考えれば、おのずと愛犬に与えて大丈夫かどうか、という答えが見えてくるはずです。