管理人の体験レポ

犬猫用のデンタルケア「Dr.YUJIRO」をついに買ってみた!私の口コミレポ

前々から気になっていたのに、なかなか買う踏ん切りがつかなかったアイテム。それがDr.YUJIRO!

Dr.YUJIROは、犬猫用のデンタルケア商品です。

大切な家族である愛犬に何を与えるか(ワンご飯)も大事ですが、その後のデンタルケアもとっても大事。

「犬にもデンタルケアは必要」と知られるようになった今、その界隈でひときわ有名なDr.YUJIROを買ってみることにしました。

Dr.YUJIROはどんなデンタルケア商品なの?

実際にある犬の歯科専門の病院が開発!

ペット用のデンタルグッズはたくさんありますが、その中でもDr.YUJIROが人気なのは「犬の歯科専門の病院が作っている」ことが大きいと思います。

Dr.YUJIROの生みの親は、東京の代々木にある「わんこの歯医者さん」という、無麻酔での歯石とりを専門とした動物病院です。

日本中に動物病院はたくさんありますが、「歯科」を専門としたところはおそらく片手で数えるくらいしかないのではないでしょうか?

病院に来なくても家で手軽にケアができるようにと開発されたのが、このDr.YUJIRO。

「犬の歯のスペシャリスト」考案の商品なので、使う側としても安心&期待を持つことができます。

朝晩で別々のケアを用意!

Dr.YUJIROの面白い(?)ところは、朝と晩でケアに使うアイテムがちがうところ。

朝はハタ乳酸菌が配合されたデンタルパウダー。夜は、植物から得られるフィトンチッドが主成分のデンタルジェル。

この2つの合わせ使いが最強なんですって!今回購入してみたのも「パーフェクトセット」という名前が付いてますしね(*´ω`*)

どちらか一方ではダメなのか、また順番を逆にしたらダメなのか…という疑問はありつつも、まずは素直に使いましょう(笑)

※ただ、パウダーとジェル、どちらかが苦手な場合は、大丈夫なほうだけでもOKとのこと。ケアがストレスになっては逆効果と優しい説明がありました。

ハタ乳酸菌デンタルパウダーについて

  • 朝ごはんの後に口に含ませる
  • 少量の水でペースト状にして、歯と歯茎の間に塗りつけるのが効果的。(無理ならパウダーのままご飯に振りかけてもOK)
  • 粘膜に付きやすい性質のある乳酸菌で歯周ポケットにしっかり付く
  • 歯石の原因となる細菌類よりも増えやすい特徴がある
  • 歯周病菌が増えるのを抑える

フィトンチッドデンタルジェルについて

  • 夜寝る前に口に含ませる。(歯と歯茎の間に塗りつけるのが効果的)
  • フィトンチッド(植物が持つ防御成分)が主成分
  • フィトンチッドには殺菌、消臭作用が期待できる
  • 植物成分100%
  • 人工添加物は一切不使用

値段は高いけど…口コミ人気がすごい!

Dr.YUJIROのお値段は、今回のパウダー+ジェルがセットになったパーフェクトセット(約3ヶ月分)で税込8,748円。お世辞にも安いとは言えません。

(むしろ高すぎで最初に目を疑ったほど・笑)

自分には到底無理だわ~
こんなの買えるのお金持ちだけでしょ…

なんて思っていた自分でも、今回購入するに至ったわけです。その決断を後押ししてくれたのが商品に寄せられている「口コミ」でした。

そこには色んな状況で、愛犬のデンタルケアに悩む飼い主さんがいました。

同じ犬を飼う者として、その気持ちはすごくよく分かるんです。

そしてそんな飼い主さんの喜びの声がそこには溢れていました。

もちろん100%の人が期待する効果を得られたわけではありませんが、それでもこの口コミ人気の高さは「自分も試してみたい!」と思わせてくれるのに十分でした。

「お値段以上…Dr.YUJIRO♪」と某家具店のキャッチコピーのようになることを期待していますヽ(´ー`)ノ

Dr.YUJIROの原材料

ハタ乳酸菌デンタルパウダー

イヌリン、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、カゼイ種HATA株生菌、殺菌サイリウムハスク

フィトンチッドデンタルジェル

GREENHAZE(木曽ひのき、紀州ひのき、青森ヒバ、秋田杉、クマザサ、黒松、赤松、エゾ松、クスノキ、ヨモギ、白樺、モミ、シソ、柿(枝葉)、レモン、アマチャヅル、大豆、お茶)、キサンタンガム

Dr.YUJIROの通販について

Dr.YUJIROはamazonにも楽天にも売っています。どちらもパウダー+ジェルが一緒になったパーフェクトセットの値段が8,748円。

それぞれ単品でも購入可能。デンタルパウダーは税込5,616円、デンタルジェルは税込4,212円、ジェルのほうがちょっとだけお安いです。

定期購入、3個セットのまとめ買いで10%OFFになります。

(※定期購入は楽天のみ)

初めての人は合うかどうか分からないので、通常購入の人がほとんどだと思いますが、でも回数の縛りがないので、最初から定期購入でもいいかもしれません。

送料は完全無料です!

我が家のデンタルケアと愛犬の口内事情について

Dr.YUJIROの体験レポの前に、我が家のデンタルケアと愛犬の口内事情について書いておこうと思います。

先代の子のときは、飼い主が無知なせいで可哀相な思いをさせてしまったので、今の愛犬は1歳になる前からデンタルケアを始めていました。

大体「48時間で歯垢が歯石になる」という情報をキャッチしたので、「2日に1回」の歯磨き、これを徹底してきました。

仰向けにして、2人がかりで、割としっかり目に磨いてきたつもりでした。(でも嫌がるのでどうしても磨けていない部分はありましたが…)

それではじめの頃は綺麗だったんですよ。病院の先生にも褒められていて。

…でも今思えば、それはただ若いから平気だっただけだったのかなって(-_-;)

8歳のシニアである今の愛犬の口内事情は…お世辞にも良いとは言えません!

↓こんな感じに荒れ果てています。(※閲覧注意・笑)

き、汚い…!!

よく紹介されているように、歯石がこんもりと盛り上がっている事態にはなっていませんが、見るからに汚く茶ばんでいます。それに口臭も気になるようになってきました。

ここまで放っておくべきではなかったのですが、「2日に1回最低限ちゃんと磨いてるし!」と自分をごまかしてきてしまいました…。

歯石を取るにしても、病院でしっかりやってもらう場合、全身麻酔は負担がかかるし、その後は逆に歯石が付きやすくなると言うし。自分でやるのも、下手に歯の表面を傷つけるとこれまた歯石が付きやすくなると言うし。

でも結局は言い訳。ここまでになる前に何か対策をするべきでした(T_T)

はじめの頃は犬用の歯磨きペーストを使っていたのですが、原材料が気になり使わなくなったのもよくなかったのかもしれません。(なので今は水だけ。水だけでも隅々までしっかり磨かせてくれる子は大丈夫だと思いますが。。)

そんなこんなで「何か!何かいいものは無いか!?」と焦った今、前から気になっていたDr.YUJIROを試してみることにしたのです。

※あとから調べてみたのですが、うちの子の場合はもしかすると「色素沈着」かもしれません。それだと、それほど気にすることはないそうですが、でも茶色い部分を触るとザラッとしているのでやっぱり歯石なのかな…と。よく分からずですが、ただ確実に口臭は気になるのでやっぱりケアは必要と感じています。

Dr.YUJIROを買ってみたレポート

Dr.YUJIROのパーフェクトセットを楽天で購入しました。定期はお得ですが、やはりまずは通常購入で様子を見ることに。少しですがポイントが付く楽天のほうがお得ですね。

ヤマト宅急便で到着。

梱包は茶封筒ですが(厚め)、中身はダンボール+厚紙でしっかり補強されていました。ビニールに入っているので雨の日も安心。

中身はこのようになっています。

Dr.YUJIROの本商品、使い方ガイドブック、そして嬉しいことに1ヶ月分のサンプルが入っています。

商品ページには「約3ヶ月分」と書かれていますが、サンプルを加えると実際は4ヶ月分あります!

なんというかそれをページに書かずにサンプルとして同梱してくれるところに並々ならぬ「良心」を感じます(*^_^*)

(普通サンプルといったら数日~よくて1週間分くらいですよね!)

サンプルの中身です。

Dr.YUJIROはどの商品も、このように見覚えのある白い薬袋に入っています。

「人と同じように、犬のケアを考えている」というこだわりが感じられますよね。

こちらは本商品。デンタルパウダー35g、デンタルジェル30mlです。

使い方は同梱の「使い方ガイドブック」に詳しく載っていますよ。

まずはハタ乳酸菌デンタルパウダーからご紹介しましょう。

手に持つとこのくらいです。手の平にすっぽり収まる可愛いサイズ。

付属のミニスプーン山盛り2杯が1日の目安です。(ただはじめのうちは少量から試すことが推奨されてます。)

お次はフィトンチッドデンタルジェルのご紹介。

こちらもやっぱり小さくて可愛いサイズ。小さめの棚にもしまっておけるのでいいですね^^

手の甲に1~2プッシュして、犬の口内に含ませてあげます。

(サンプルから試そうと思ったのに、誤って本商品を開けてしまった奴がここに…。そして手の乾燥に目が行く…笑)

ちょっと舐めてみた感想

ペット用ということで少し身構えてしまうものの、Dr.YUJIROには体に害のある人工添加物は使われていないので、ちょっと舐めてみることに。

まずはデンタルパウダー。

こちらはほんのり甘みがあって嫌な感じはありません。ほとんどのワンちゃんが問題なく口にしてくれそうです。

そしてデンタルジェル。こちらは…

苦い!!

何と表現すればいいのか…なんだか薬草みたいな味がしました。

薬草食べたことないけど(笑)まさに「草・葉・木(それ系の何か)」+「薬」を混ぜ合わせたような味がしました。

レビューでは「ひのき」とか言われていましたね。(実際使われています。)

これはぶっちゃけ「犬は苦手なんじゃないか?(;´Д`)」と心配になります。…というか実際に、レビューでもほとんどのワンちゃんが苦手なようでした(汗)

うーん、これはうちの犬もヤバそうな感じ。ちゃんとにデンタルケアしてあげたいけど、ストレスを与えるのは嫌だし…。ちょっぴり不安に襲われる私です。

愛犬に試してみた!

Dr.YUJIROを愛犬に試してみました。

まずはデンタルパウダーだけを5日間与えて様子見。朝ごはんの後に、本当はペーストにして歯と歯茎の間に塗りつけるのがいいそうですが、うちの子は甘いものがあまり好きではないので…。

最後に、ペーストにしたお皿を綺麗に舐めてくれる子ならいいんですけど、舐めないのでどうしてもお皿に少し残っちゃうんですよね。それが勿体なくて…だって高いし!

なのでパウダーのままフードに振りかけちゃってます。気にせず食べてくれるからよかった。フードはいつも完食!なので、これなら少しも無駄にしませんし、何より楽。ええ、楽なんですよ(本音?笑)

しっかり塗れそうだったらそっちのほうがいいと思いますけどね。でも朝は忙しいですから、それならご飯に振りかけちゃってもいいと思います。

そうして5日間試したところ、特にアレルギーのような症状もなかったのでこっちはOK判定。

で、問題はジェルのほうです…。だって人間の私でも感じたあの苦さ!独特の草っぽい香り。さて、どうでしょー…

心の中で「ごめんね~」と思いながら、指につけたジェルを、歯磨き後の口の中に塗り塗りしました。

指を入れた途端暴れまわるかと思いきや、ただ固まっていました(笑)でも内心は嫌だったと思います。あの味を「平気」な子はいるかもしれませんが、「好き」な子はおそらくいないんじゃなかろうか。

でも本当に心配だったのはその後で、ずーっと口を動かして気にしてるんじゃないかな?と思っていたのですが、幸いそういった素振りはなくε-(´∀`;)ホッ

本当は嫌なんだろうけど、そういう姿を見せないでいてくれるだけで救われます。

そんなこんなで、気がかりだったジェルのほうも続けていけそうです。アレルギーの症状も出ていません。

まだ使い始めたばかりなので、今のところ変化はなし。できればあの茶色い部分がピカピカツルツルの白い歯に生まれ変わってくれれば…と思っていますが、さてどうでしょう?

期待しながら続けてみようと思います!

犬にも飼い主にも優しい会社

今回Dr.YUJIROを買ってみて強く思ったことがあります。それは…

「犬にも飼い主にも優しい会社だなぁ」

ということ。

商品ページを見ると分かりますが、とにかくお客様(私たち消費者)への気遣いに溢れているなと。

1ヶ月分ものサンプルが付いているところもそうです。

まずはこのサンプルでじっくり試してみて、愛犬に合うかどうかしっかり確認することができる。その際も「1種類ずつ」「少量から」と徹底されています。

これは愛犬にとっての気遣いと言えます。

そして、合わなそうだったら本商品(未開封)は返品することもできます。この際の返送料や振込手数料は相手側が負担です。

…驚きですよね?普通こういうのって消費者負担のパターンが多いです。

これは言わずもがな飼い主への気遣いです。これなら安心して試すことができるというもの。

また口コミを見ると、セットで購入の場合、どちらかがダメだった場合(多くは苦いジェルのほう…)は大丈夫なほうに代えてくれるなど、相談すれば柔軟に対応してくれるようです。「なんて良心的なんだ…」と感動すら覚えます(´;ω;`)

とにかく商品を購入した多くの方が言われているのが「アフターフォローがばっちり!」というもの。

愛犬のデンタルケアはずっと続けていくものですから、本当に信頼のおける会社、商品を選びたいものですが、その点Dr.YUJIROは心配なさそうです。

お値段は財布に痛いですが…やっぱり選ばれているのには理由があるんだなぁと実感した私です。

まとめ

大人気の犬用のデンタルケア商品「Dr.YUJIRO」を買ってみた私の口コミレポをお届けしました。

…とはいえ、今回は単なる「買ってみたレポ」で、1番重要な効果についてはまだ分からないので書いていません。

そこは商品を使い切ってみてどうだったのか?をまたレポしたいと思っているので、興味のあるあなたはよければ待っていてください。

お値段がお値段なので(しつこい)何らかの効果が見えてくれれば…(いや絶対に現れろ!)…と思いながらケアをしていきたいと思います。