わんごはん食材辞典

犬とドライフルーツについてのまとめ【少量なら与えてもいい?】

あなたはドライフルーツって好きですか?特に女性は「美容食材」として好む方が多いかもしれませんね。

そうして飼い主さんがドライフルーツを食べているときに、愛犬が欲しそうな眼差しでじっと見つめてくることも多いのではないでしょうか(笑)

さて、そんなときに思う「犬にドライフルーツってあげていいの?」という疑問に今回は答えていきたいと思います。

犬にドライフルーツはあげてもいいのか?

ネットで犬とドライフルーツについて調べていると、ほとんどの方が「犬にドライフルーツはNG!」と書かれていました…。

そ、そうなんだ…ドライフルーツに加工するときに何か恐ろしいものでも入れているのかな(゚Д゚)?それとも、乾燥することで何か毒性の物質が生成されてしまうとか?

などなど、思考を巡らせてみたのですが、主な理由は「フルーツの栄養が凝縮されていて、糖分や繊維質を摂りすぎてしまうため」だそう。

そうして摂りすぎてしまうと、下痢や腹痛の原因になってしまうんだとか。

「ふむふむ、なるほどな~」とは思いつつも、予想に反して至極単純な理由でした(・∀・)w

だって生のフルーツは大丈夫なのに、それを乾燥させたからってきっぱり「NG」とはちょっと言い過ぎじゃないかと。。

正しくは「与え過ぎはダメ。少量ならOK」でいいのではないでしょうか。

与えないほうがいい3タイプのドライフルーツ

個人的には、少量のドライフルーツをおやつに与える程度ならいいのではないかと思っているのですが、中には「与えないほうがいい」ドライフルーツがあるのも事実です。

3タイプあるので、それぞれご紹介しますね。

犬にはNGなフルーツ

まず、言わずもがなですが、「犬にはNGなフルーツ」は、たとえ姿を変えてドライフルーツになってもNGとなります。生でも乾燥させても関係なく…当然ですね。

ぶどう(レーズン)、いちじく、プルーンなどがそれに当たります。

個体差があるので、食べても問題ないワンちゃんもいるかもしれませんが、わざわざ危ない橋を渡る必要はありませんよね(^o^;

中には重篤な症状を引き起こすケースもあるので、これらのドライフルーツは与えないほうがいいでしょう。

添加物が使われている

↑のフルーツよりも危険度は低いかもしれませんが、間違いなく与えないほうがいいのは「犬には不要な添加物を使っている」ものです。

販売されているドライフルーツの多くは、砂糖、シロップ、油、着色料、保存料などが使われています。

ドライフルーツを選ぶ場合は、犬の体には必要のないこれらの添加物が使われていない「ただフルーツを乾燥させただけ」のものがいいでしょう。

さらに、無農薬、有機栽培など原料の質にもこだわっているものだと尚良しですね!

高温で処理されている

「与えないほうがいい」わけではなく、別に与えてもいいのですが(笑)与える意味があまり無いかな?というのが「高温で製造されたドライフルーツ」です。

生のフルーツには生きているビタミン、酵素などは熱に弱いものも多く、高温で製造されているドライフルーツではその栄養価が著しく下がってしまっている可能性が高いからです。

50℃以上だと、もう多くの栄養素は破壊されてしまうそうです…。

同じドライフルーツを与えるなら、低温で製造されていて、なるべく生のままの栄養価が残っているものを選んであげましょう。

ドライフルーツの3つのメリット

私が思う「ドライフルーツのメリット」を3つご紹介します。

持ち運びに便利!

乾燥させて小さくなったドライフルーツは持ち運びにとっても便利です。カバンにも安心して入れておけるし、必要なときにサッと取り出せる。旅行時など、出先でちょっとだけあげたいおやつに最適♪

保存に便利!

「ドライ」のついた食品のいいところは、日持ちがするところですよね。ドライフルーツは、小さく長~く愛犬のおやつになってくれます♪また、生のフルーツと比べてかさがぐっと減るので、保管場所に困らないのも嬉しい。

好きなフルーツをいつでも!

中には旬の時期が限られていて、なかなか手に入らないフルーツもあります。でもドライフルーツなら、好きなフルーツをいつでも楽しめるのが嬉しい!愛犬が好きなフルーツをストックしておくのもいいかもしれません。

犬用ドライフルーツもあるみたい

楽天などで探すと「犬用のドライフルーツ」もいくつか見つけることができます。

正直、私は「犬用」とか「ペット用」と書かれているものにあまり良いイメージが無いのですが、ドライフルーツの場合は、人用では砂糖などが使われているものが多いので、その点を考慮されている(その旨商品ページに書かれている)ものが多いのかな、という印象でした。

とはいえ、人用でも「砂糖不使用で完全無添加のもの」、犬用でも「砂糖、添加物が使われているもの」もありますけどね(笑)

なので、愛犬のドライフルーツを選ぶ場合は、人用犬用関係なく「砂糖」「添加物」「原料の質」などにこだわって探されるといいかと思います。

※ただ、無添加の犬用ドライフルーツ…かなりお値段が高いですね^^;これなら多少不便なことがあっても生のフルーツでいいやって思っちゃいました(笑)

犬用のドライフルーツを楽天で見てみる

まとめ

犬とドライフルーツについてまとめてみました。

「犬には与えてはいけない」という情報が多いですが、無添加で安心のできるものなら、適量なら与えてもいいのではないかと思っています。

もちろん心配なら無理に与えるものでもないので、飼い主さんがよく考えて判断されてくださいね。